マイホーム は夢ではない!?本当は巨額な借金なんです

マイホーム とても響きのいい文字ですよね

 

 

「月々たったの7万円で夢のマイホーム」

 

「家賃を支払うより後あと財産になる家造りを!」

 

といった感じでCMは流れ、不動産会社は夢のマイホームを私たちに憧れをもたせます。

 

確かに今住んでいるアパート、マンション代に家賃が6万かかっていたとしたら年間にすると72万

5年も住み続けると350万という大金になります。

そう考えると20年住み続けると1440万円にも!

そこで思うのがこの発想

 

素人起業家
1440万円もの大金を支払い続けているだけより後あと財産になるマイホームを購入したほうがいいんじゃないか・・・?

 

 

月々の支払いがたった8万円!ってなったら

 

「頑張れば私でもマイホームを持てるかも!」と期待に胸膨らませる人も多いはず

 

そこが落とし穴なので気を付けてくださいね!

 

頑張らないといけないんですよ!今よりももっと節約したり収入をあげる努力をしなくなるわけなんです・・・

 

 

素人起業家
期待を持たせ多額の借金を背負わせるマイホーム・・・

 

 

現実に毎月のローンを支払うため副業をしないといけない羽目になることもあるんです・・・

 

マイホーム を購入するリスク

素敵なキッチンにくつろげるリビング

憧れですよね

 

だけど・・・車のローンと同じような感覚で

「頑張って節約すればなんとかなる!」

という安易な考えでマイホームを購入するのはとても危険です

 

だって20年先、30年先に何があるのかなんて分からないのですから

不安をあおるつもりはありませんが現実的に考えるとそうでしょう

 

たった20年前にインターネットがこれだけ普及し、スマホが当たり前の時代になるなんて

誰も想像できなかったはずです。

 

大企業が倒産するなんて誰が想像できたでしょう

 

未来に起こりうるリスク

・病気にかかり働けなくなるリスク

・会社が倒産、リストラにあい収入が減るリスク

・自然災害による倒壊

・離婚などによる別居

などとあまり考えたくないリスクが色々とあります。

 

夢のマイホームを購入して

「家族幸せに過ごす」という当たり前のことが悲しいことに難しかったりすることも・・・

 

あまり20年後、30年後のことまで想像せずにマイホーム購入をする方もいますが

それだけの年月が経てば新築マイホームでも劣化は確実

その時に今と同じように住める保障も100%ではありません

新築の時には住み心地が良かったとしても住宅もどんどん進化しているので20年後に使い勝手が悪くなっている可能性があります。

 

素人起業家

30年前に建てられた家はやはり今の作りとは違い、階段が急だったり、段差があったりと時代を感じますよね

 

 

 

予想以上の支払い

 

毎月のローンの支払い以外にも様々な支払いがのしかかります。

登記費、不動産取得税、印紙税、固定資産税など購入前、購入後にも結構な支払いがあります。

マイホームを購入する前に毎月どれくらいの支出が増えるのかきちんと計算している人は少ないのではないでしょうか?

固定資産税などは知っていてもそれ以外にも沢山税金がでることを知らない人は結構いるのでは・・・

 

車を購入するときも予想以上にお金がかかったと思いませんか?重量税や自賠責保険料など計算していなかった

税金が含まれるのと同じです。

なんとなく税金がかかることは知っていても金額がいくらなのか把握してないことも

 

明細書を見て

素人起業家

あれ?想像していたよりか高い!

となるのもそのせいです。

 

やりたいことができなくなるリスク

ローンという多額の借金&責任を背負った場合、その責任を放棄することは簡単ではありません。

特に一家の大黒柱である旦那様が

「いつか自分のお店を持ちたい」

という夢があったとしても借金があるのでそう簡単には転職、起業はできなくなります。

 

奥さんは必死でとめることでしょう

 

「長時間労働がきつい」

と精神的にきつかったとしても転職先が確実に決まらない場合仕事を辞めることすらできなくなります。

転職活動も思った以上にうまくいかないことが多いものです。失業保険をもらっている間に仕事を決めようと考えていても

いい条件の求人がでないことも多く、無職の期間があっという間に6っか月になってることも実際にはあります。

3ヵ月以内に希望の職種につけたら幸運としかいいようがありません。

結局はいい条件の仕事がでず前職よりも給与が少ない仕事につかざるを得ないことも珍しくありません。

 

 

 

修理費などの維持費

 

どんなに新築の家でも時間がたてば建物は老朽化します。その時の修理費やリフォーム代なども大きな負担となります。

 

 

 

マイホームを購入するメリット

 

リスクを紹介しましたがメリットももちろんあります。それはやっぱり自分の家があり、ローンを支払った後は

資産として残せますし、子供に譲る、子供と一緒に住むことができます。

アパートのように下の階の人に気を使う必要もありません。

 

 

収入が少ないなら無理してマイホームは購入しちゃダメ!

マイホーム購入は人生で一番大きな買い物&借金です。

安易に

 

「後あと財産になるし家賃を支払うよりかは・・・」

 

「節約すれば何とかいける!」

 

などといった考えで購入してはいけません。

 

今大丈夫だったとしても、子供の誕生や進学、家族の入院や車の故障など思いがけない出費もあることが増えてきます。

その時に今の収入でも余裕のある状況でいられますか?

 

毎月十分な貯金ができている状況ですか?

今の時点で貯金ができないくらいの家計であればマイホームはやめておくべきです。

 

毎月の支払に追われてしまい

「マイホームを購入したらホームパーティしたい」

という夢なんて叶えられなくなります。

 

せっかくのマイホームでも節約生活に追われ、人を招待しておもてなしをする余裕さえ失ってしまいます。

 

毎月の支払に追われる生活になってしまうとローンの支払いのために必死に働くことになってしまいます。

無理をしたがために、結局はローンの支払いができなくなり、売りに出してしまうという話も結構あることです。

20年後のこと、万が一のことも頭に入れておく必要があります。

 

マイホームが欲しいならきちんと頭金をためてローンの支払い額をできる限り減らし、自分たちの収入にあった

家造りをしなければいけません。

 

これから高齢化社会がどんどん進みます。空き家問題は全国各地で出始めています。

中古をリフォームして新築のマイホームを購入する金額の半額に抑えることも可能です。

新築にこだわりすぎず中古物件をうまく利用するのもとても賢い選択です。

 

身軽な賃貸という選択もあり

マイホームにもメリット、デメリットはあります。一番に考えないといけないのは何千万という借金をもつという認識をもつことです。

その点、賃貸は借金はしないので気楽です。あくまでレンタルです。車もあまり使わないのに維持費だけは必ず発生します

レンタカーのように必要な時に借りるというのもいいですよね。

 

賃貸のメリット

・マイホームのような巨額な借金を抱える必要がない

・住む人数、状況に合わせて引っ越しができる

・建物が古くなってきたとしても修繕費を払う必要がない

 

実際にお金がある人でもあえてマイホームを持たず賃貸にするという選択をしている人がいます。

「一生そこに住みたいと考えていないから」

という理由だそうです。

 

「子供達も成人したし、夫婦二人ならもう少し狭い家でもいいな」

 

「自然に囲まれたところに移り住みたいな」

と考えた時、賃貸だと比較的簡単に住む場所を変えることが可能です。

 

賃貸は状況によって住む場所を変えられるというメリットがあります。

 

 

時代ともに考え方も変わってきます。固定観念にとらわれず自分にあった住み方を考えるのも大事です。

素人起業家
もしかしたらあと20年後には賃貸する人が圧倒的に増え、マイホームを持たないのが当たり前になっているかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

【こちらの記事も参考に】

食費を抑えたって意味がない!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい