転職を繰り返す とどうなる?マイナスイメージだらけの現実

転職を繰り返す のは やっぱりイメージが悪いのは今も昔も変わりません。

 

「失敗、辛い環境から逃げやすい」

「同じ仕事、職場で頑張れる忍耐がない」

「転職を繰り返すことで経験をつむことができない」

 

などと

「転職する人に問題がある」

という世間の見方は変えることができません

 

「それは違うんじゃないか!?」

「転職を繰り返したくて転職をしてるわけじゃないよ」

と反論したくなる転職者の気持ちも分かります

 

 

・入社した会社が倒産してすぐにいい会社に転職できなかった

・入社した会社がブラックで退職したけど次にいい会社に巡り合えなくて・・・

・給与が低すぎて職場の人もいい人で辞めたくはなかったけど生活のため仕方なく辞めた

 

などと

「上司と合わなくて辞めた」

「仕事がつまらなかった」

といったマイナスな感情だけで転職をしていない場合もあります

 

ですが・・・

 

理由はともあれ

「転職回数が多いとなにかしらマイナスイメージが付きまとう」

のは間違いありません

なので多くの人はそれを避けたいので転職しても気軽にはできないのです。

転職したところで叩かれることも多くありますし実際に転職がうまくいかない場合もありますので

転職するのにはとても勇気が必要になってきます

 

 

 

転職を繰り返すと面接時にこう思われる!

転職

転職でもやはり求職者は会社に選ばれる立場に変わりはありません。

そして転職での面接時には必ずと言っていいほど履歴書を提出し

面接者は応募者の今までの職歴を必ずチェックします

 

「そこに数年毎に○○会社退職」

と多く記入されていると

 

「またすぐに辞めるのでは・・・?」

という不安を面接担当者は感じるものです

 

転職回数が多い人に

「好奇心旺盛でチャレンジ精神があって立派だ!」

なんて褒めてくれる面接官なんてそうそういません。

 

勤続年数が短ければ短いほど信用をなくし

「転職を繰り返す根性なし」

と思われるのは確かです

 

実際に私の知人に転職を繰り返している人がいます

面接時に

「こんなに転職して一体君は何がしたいんだ?」

「転職をこんなにするなんて考えられない」

と説教されたそうです。

 

学校を卒業してから何十年もの間ずっと同じ企業、会社で働いてきた人からは転職を繰り返すことは信じられないようで人間性をも疑うようです

 

やはり一つの仕事を何十年も続けてきた人が築き上げてきたものはとても大きいと思います

信頼、人脈、地位など

 

素人起業家

それに比べるとやっぱり転職を繰り返した人はそれほどのものを築きあげたかというとそれは確かに残念ながら少ないですよね

 

 

では転職を繰り返すメリットってある?

転職を繰り返す メリットってあるんでしょうか?

 

素人起業家
それはあまりないかもしれませんが・・・(笑)

 

日本ではマイナスイメージだらけのイメージですが欧米ではそうではない様子

限られた職種にはなりますが転職することで自らのスキルアップや待遇改善をはかるそうです。

日本では

「裏切りもの」

とでも言われそうですが欧米ではより良い環境を求め転職をすることはごくごく当たり前のようです。

 

しいて良いところをいえば

 

・いろんな職場、環境が見れる

・いろんな仕事のやり方が勉強できる

・自分の得意な事、苦手なものがわかってくる

 

これぐらいでしょうか・・・

 

とくに大手企業だとやはり効率化、機械化されていたり仕事がスムーズにできることが多いのですが

小さな会社だとすべて手作業で効率が悪かったり、とにかく人件費を抑えることに必死で時給が安かったり・・・

やはり大手ならではの待遇の良さは本当に魅力的なのです

同じような仕事をしていても会社が違うと給与が違うという辛い現実を見ることは可能です。

 

素人起業家
そう思うとどうせ働くならより良い環境で働きたい=転職したいと思うのは当然のことだとは思うのですが

 

 

あとは会社の雰囲気ですかね ギスギスしている職場だったり、言葉遣いの悪い会話が飛び交ったり、マニュアルがまったくなく長年の感だけで作業している会社だったりと様々

 

本当に会社によって働く人、雰囲気は変わるものです。

 

ぶっちゃけ転職を繰り返すことはイメージ的にも金銭的にも精神的にもあまりプラスにはならないことが多いようです。

あくまで簡単にコロコロと転職する場合ですが

転職をしてしまうとまた新人として気も使わないといけないし、仕事のやり方を覚えていかないといけないし

何かと面倒なことが増えるのです

 

転職を繰り返さないために必要なこと

会社の倒産があったり、パワハラがあったりして転職するのは仕方のないことですが

それ以外の

「仕事の内容が思っていたのと違った」

「職場の上司が嫌だった」

などの理由での繰り返しの転職はやはりさけたいところです。

 

転職をする際に条件のよい自分にあった仕事を探したい気持ちも分かります。

そして焦る気持ちも分かります。でも焦って自分がしたいと感じない仕事に就いても

「何か違う・・・」

とすぐに思ってしまうと転職を考えてしまうのです。

 

なので大切なのは

今まで転職をして自分が楽しかった仕事、自分が得意だと感じることができる仕事内容を思い出すこと!

自分が好きだな、この仕事楽しいな!と思えたらちょっとしたことでは辞めたいとは思わないものです。

仕事もつまらない、人間関係もよくないとなったら続けていく意味が見いだせにくい場合がありますが

仕事が楽しければ結構頑張れるものです。

 

給与などで仕事を探すのも分かりますが自分が不得意な仕事内容であったら決しておススメできません。

計算が不得意なのに給与が高いからといって経理の仕事に就くのはますます苦手意識が強くなる可能性があります。

計算が得意な人が向いているでしょう

 

自分がやっていて苦じゃないこと自分が得意とする仕事を見つけて転職を繰り返すのをストップしましょう

 

【こちらの記事も参考に】

新しい働き方 がしたい!だけどそんな会社が身近にない!

会社から役に立たないと思われたらクビにされる現実!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい