有給休暇 がない!?そんな会社いまどき本当にあるの?

有給休暇 あなたの会社にはもちろんありますよね?

 

素人起業家
まさかとは思いますが

「ない・・・」

ということはないですよね?

 

有給休暇は正社員、パート、アルバイト、派遣社員と雇用形態に関係なく付与されます。

 

それをきちんと理解しておらず

「私はパートだからない」と誤解している人もいます

そんなことは絶対にありませんからね

パートだろうがアルバイトだろうが有給休暇は必ずあります

 

 

 

昔は当たり前だった長時間労働、サービス残業などは暗黙の了解もあり許されていました。

 

が・・・

 

今は時代が違います

 

長時間労働、サービス残業、パワハラなどあればすぐに世間に叩かれブラックというレッテルを張られてしまいます。

一度悪いイメージがつくと払拭するのも難しく、入社したいと思う人が減るため人材確保が難しくなるので

会社としては避けたいところ

 

もし今いる会社で有給休暇がなく今いる従業員が有給についてとやかく言わないから

「従業員にも何も言われないし大丈夫だろう」

と思っている経営者もいるかもしれません

 

「有給休暇なんていらない」

なんて人はおそらくいないでしょう

 

 

今は大丈夫でも新しい新入社員が

「あれ?有給がないけどどうなってるの?」

と不信感を持つかもしれません

 

労働者の権利についての知識があればすぐにおかしいことに気づけるからです

今は様々な情報が入りやすいですし、入社する会社については出来る限り情報を集めてから

検討することでしょう

 

充実した福利厚生、働きやすい環境を重要視する人からすると

敬遠される会社になりかねないのです。

今はワークライフバランスが重要視されプライベートも仕事もどちらも大事にする若者も増えています。

昔のように朝から晩まで働くことが当たり前ではありません。

 

以前は有給休暇もなくても何も問題もなかったでしょうし、特にうるさく言われることもなかったのかもしれませんが今は働きやすい環境作りは人手を確保するにも重要なことです。

 

有給休暇があるのとないのでは大きな違いがあります。

ずっと長く働き続けたいなら有給休暇がきちんと取得できる会社は魅力的ですし

私たちの生活でもあるのとないのでは精神的にも経済的にもプラスしかありません

 

 

有給休暇とは?

正式には年次有給休暇といい労働基準法第39条で認められた権利でありこれを取得することで賃金が支払われる休暇を取得することができます。

雇用主は雇入れの日から6か月間継続勤務しその間の全労働日の8割以上出勤した労働者に対して最低10日を付与しなければいけません。

パートであろうが派遣社員であろうが皆平等に与えられる権利です

 

有給休暇をもっと良く知ろう

入社して6か月たつと10日間の有給休暇が付与されます。それから1年経つと11日間の有給休暇を付与されます。勤務年数が長くなってくるとその分、有給休暇も付与されていくメリットがあります。

有給休暇があるだけで労働者にはかなりのメリットがあります。仕事を休んでもその日の収入が0にはなりませんので精神的、金銭的にも負担が減ります。

 

ただし消化できなかった有給休暇は次年度以降への繰越ができますが、労働基準法では付与日から2年経つと時効とされ、有給休暇は消滅します

有給が消化しにくい会社だと消滅していきますが、環境の整った会社だと有給を消化するように促してくれ有給を取りやすいよう考慮までしてくれます

 

 

有給休暇 がない、与えない会社は今もある

「以前働いていた会社は有給休暇がなかった・・・」

そんな話実際に聞きます。

 

素人起業家

私自身、大分前の話ですが正社員で働いていた会社は有給休暇がありませんでした。学校を卒業式したばかりで無知だったこともありますが有給休暇というものの存在自体を知らなかったし、会社も一切口にはしなかったのです。

 

 

その後に転職した会社で初めて有給休暇という制度を知りました。規模の大きな会社だったこともあり

有給休暇をすべて消化させてくれる取り組みもしてくれていたので本当に働きやすい環境でした

 

 

有給休暇がないのは小さな会社に多い

大手企業などはもちろん有給休暇がありますしきちんと消化できるような取り組みもしています

が・・・

今でもやっぱり有給休暇を与えていない会社もビックリしますが存在します。

小規模の会社だと少ない人手で仕事をしているため有給休暇を与える余裕がない場合があるのです。

 

他にも

「わが社は有給休暇も6ヵ月後から与えているから」

と有給休暇を与えるのが特別かのような言い方をする方もいますが

 

素人起業家

いえいえ、与える、与えないじゃないくて労働者の権利ですし、有給休暇があるのは

当然ですからねというのが正直な気持ちです

 

 

自分達の会社は有給休暇なんてそんなもの与えないというのはありえません。

有給休暇は労働基準法で定められた休日なので、労働者に有給休暇を与えない会社は違法なのです

実際に訴えられてもおかしくない状況というのは経営者もあまり理解していないのかもしれません

 

 

有給休暇を取得しよう!でも有給休暇がもらえないときはどうする?

「そういえば有給休暇、私の会社ないかも・・・」

と気づいたら

上司に有給休暇を取得できるか相談してみましょう

それでも解決しないようであれば一度労働局や労働基準監督署に相談してみましょう

 

有給休暇の取得は働く私達が与えられる権利です

遠慮はいりません。きちんと法律で決まっているのですから

もらえるべきものはきちんともらいましょう

 

働く人の権利を無視したり、社員の事を大事にしないような会社であれば

今後長働き続けたいのか、少し立ち止まって考えてみましょう

働く人が働きやすい環境づくりに一生懸命取り組んでいる会社は探せばあります。

 

雇用主も働く人も両方が働きやすい環境を作る努力をしなければいけません。

利益優先だけを求め社員の働きやすさは二の次という会社はいずれついてくる社員はいなくなるでしょう

 

【こちらの記事も参考に】

会社から役に立たないと思われたらクビにされる現実!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい