低所得な家庭 はマイホームを諦めたほうがいい選択なのかもしれない

低所得な家庭 はマイホームを諦めたほうがいい選択かもしれません。

我が家も低所得なので今はマイホームを持つという夢は見ていません。

それでも結婚した当初は

素人起業家
「頑張ってコツコツとお金を貯めてマイホームを購入したい!」

 

という夢がありましたし

素人起業家
「頑張って真面目に働いて、贅沢しなければ買えるかも」

とあわい夢を抱き楽観的に考えていたのです

 

立派なマイホームを購入した人への憧れ

賃貸に住んでいる劣等感

がやっぱり少なからずあったのです。

 

マイホーム=所得が高い、お金がある

賃貸=所得が少ない

という一般的な価値観もありマイホームは購入は絶対に購入したいと思ったのです

 

 

マイホームは頑張れば買えるものという怖い捉え方

 

実際にマイホームを購入した人に話を聞くと

「借金さえすれば誰でも買えるよ」

とジョーダンまじりで言われたことがあります。

 

そしてよく聞くのが

「賃貸で家賃を払い続けるよりか後あと自分の財産になるから若いうちに購入したほうがいいよ」

 

「年齢が上がったらローンが組みにくくなるよ」

 

という話

 

 

 

素人起業家
「確かに早く買わないと歳をとってからだったら払いきれなくなるし・・・」

と思ったこともあります

 

賃貸の場合は一生賃貸料を支払わなければならずに保険で言う掛け捨てと同じです

 

家賃が月に60,000万円で30年間住み続けたとしたら

60000万円×12ヵ月×30年=21,600,000

2千万円以上もの大金が出ていくことになります。

 

そう考えると

「こんなに大金を失うだけならやっぱり財産になるマイホームの方がいいな・・・」

という考え方になるのです

 

確かに頑張れば低所得者でもマイホームを手に入れることは可能です。

しかしそれは何事もなく出費を抑えられる生活がずっとできた時の話なのです

 

 

低所得な家庭 はなぜマイホームを購入しないほうがいいのか

頑張ればもちろん低所得者だってマイホームは購入できますし、実際に購入している人もいます。

でもやっぱり低所得者がマイホームを頑張って購入するのは大きなリスクがあるのです。

マイホームは購入してからが大変なのです。

マイホームを購入する場合はローンを組むのが前提です。その時何千万という借金を背負うことになります。その借金は20年、30年かけて返済しなければなりません

広くなった家に合わせて家具の買い替えもあるし、カーテン、食器など生活用品の買い替えもあります。

 

 

1番に考えてほしいのがまず20年後に健康でいられる保証はどこにもありませんし、今の収入を得られる保証もどこにもありません。

ただでさえ贅沢もあまりできずに切り詰めた生活ですので事故、病気などで収入が減った場合に対応できなくなる危険が潜んでいるのです。

 

例えば結婚してから

・出産

・病気

・会社を首になる、倒産

・事故

 

など様々な事が起きる可能性があります

女性が出産をした場合、育児休業手当などがあったとしても今までもらっていた給与よりは確実に減るし、出産後に体調を崩したり、子供の看病などで会社を休まなければならないこともよくある話です。

共働きで家計を支えていた場合、奥さんの離職でもかなりのダメージになるのです。

病気も誰しもかかる可能性があるのです。たとえ大きな病気でなくインフルエンザだったとしても有給休暇などを充てることができなければ、ただの欠勤となり無給となってしまうのです。

 

リストラだってあります。会社の経営状況が悪化した場合、すぐにいい仕事が決まらなければ失業手当もきれ無収入になってしまいます。

確率的には低いのですが自動車事故など思いがけない事故もあります。ケガをした場合、入院費だってかかるし車の修理費だって発生することがあります。

 

ただでさえ決してゆとりのない生活なのに思いがけない出費は本当に大きなダメージになるのです。

このようなリスクを考えずに

「自分達は絶対大丈夫!」

と言い切れるわけはありません。

 

また年月がたてば新しかった家も古くなりリフォームだって必要になってきます。

そんな時にも対応できるくらい貯金がなければ夢のマイホームに苦しめられるだけです。

 

マイホームをもたないメリット

「一生賃貸暮らし」

そういうとなんだか悲しい気持ちになることもあります。

しかし賃貸が悪いとも言い切れません。

 

 

歳をとって働けなくなった時に少ない年金で家賃を支払うのはとても大変だと思います。

しかし早いうちから老後に向けて貯金を増やしておく、歳をとっても働くようにするなど

準備、対策をとることもできます。

 

不安になる要素もありますがデメリットだけではありません。

まず

・マイホーム購入による多額の借金を背負うリスクがない

・住む場所、環境をマイホームに比べ変えやすい

・リフォーム代、修繕費用などが発生しない

 

など賃貸ならではのメリットがあります。

マイホームを購入してしまうと、自由に移り住むことができません。

売却をするにしても中古物件となるため価値が下がってしまい思った以上の金額で売却をすることが難しいのです。

会社で上司によるパワハラ、長時間労働などの問題があったとしてもローンがあるため

そう簡単に仕事を辞めることもできないのです。

ある意味賃貸のほうが荷が軽く身軽なのです。

 

マイホームを諦めたくない!そんな時は

「やっぱりマイホームは欲しい!」

という人もいるかと思います。

 

そんな時は中古住宅を視野に入れるべきです。

 

車にしろ服にしろ新品にこだわる人もいますが

ハッキリ言って新品も中古も差はほとんどないと思います。

新築でも1年たてば中古になるし、新築、新車だって欠陥、故障、修理が必要な時があります。

新築にこだわりさえしなければ新築物件よりも安くでマイホームを手に入れることができます。

築25年たった物件もあれば築浅でマイホームを手放し新築と変わらないくらい

綺麗な中古住宅だってあります。

 

新築じゃないと嫌というこだわりを捨てれば

その分安くでマイホームを手に入れることができます

これから高齢化社会が進み、せっかくのマイホームに住む人がいなくなり

空き家問題も今より増えることでしょう

売れない中古住宅も増えていきます。そういう時に今よりももっと安くでマイホームを手に入れることが可能になるはずです。

 

10年後の未来でさえ私達は分からないのです。

10年前は今より人手不足は深刻ではなかったし、AIなんて言葉も今ほど頻繁には聞きませんでした。

マイホームを持つことが理想ではない時代がきているかもしれません。

住む場所、住む家にとらわれすぎずに自由に生きる未来がくるかもしれません。

 

【こちらの記事も参考に】

マイホーム は夢ではない!?本当は巨額な借金なんです

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい