起業したて やってはいけない行動とは?実際にやってしまった間違い

起業したて の頃って本当に始めてのことだらけで何から始めたらいいか分からない人も多いと思います。まるで子育て1年生とおんなじ

子どもの育て方なんて学校で教えてくれないし、勉強したって実際にやろうとしてもうまくいかなかったりするものです

起業も学校で教わったわけでもないのでやり方も自分で考えたり、調べたり始めての経験をすることが沢山あります。

初めての開業届、確定申告、原価計算、ホームページ作成・・・etcなど自分でやらないといけないことだらけ

素人起業家
私自身も初めての起業をしたわけですが実際に想像していたことよりも何倍も大変だった気がします。その分かなり充実はしていましたが

 

経営がうまくいかず失敗してみて分かったことがとあります。これから起業したいと思っている方は参考にしてみてくださいね

 

起業したて で誤った行動をしてしまったパターン1

仕事

起業したての人がやってしまいがちな過ちとは

 

商品を安売りすることです

 

起業したての人ほど資金がそれほどありません。値引き、サービスをするのはもう少し後からでも遅くはないはずなのに安易に商品価値を落としてしまいがち

 

私が起業したての頃、私はネットをメインに手作りお菓子を販売していました。ホームページを何週間もかけて必死に作ったのに悲しいくらいに反応はなく売上0が続く日々

「ま、起業したてはこんなもんだろう」

と甘く考えていたのですがやはりこれが数か月も続くとさすがにやばいと危機感を持ち始めたのです。

 

イベント時に出品した際にはわざわざ来てくださった来客に無料で商品をサービスしていました。本来ならそこで売上を上げておかなければいけない状況であったのにもかかわらず

まだ起業したてで自分の作った商品に100%の自信が持てずにいた時でもありました

「こんな商品で高いと思われてしまうのでは・・・」

という不安もあり、お金を取ることに対して抵抗があったのです。

 

当時ほとんど売り上げがなく売り上げをださないといけない危機的な状況だったのにもかかわらず私は後先考えずにボランティアのような活動をしてしまったのが致命的でした。

これも後になって気づいた間違い、後悔だったのです

 

素人起業家
起業したてであったとしても、きちんと売り上げをだしておかなければ後あと起業を続けるのが困難になってきます

 

 

 

商品を値引きするのはNG!するならせめておまけをつける

値引きを簡単にしてしまうと売上に大きくひびいてしまいます。

仲の良い友人ならなおさらしたくなる気持ちも分かりますがなるべく

商品の価値を下げずに感謝の気持ちを伝えるなら商品を1つおまけするなどしましょう。むやみに値引きをしてはいけないのです。

「おまけね」

と言われて悪い気はしない人が多いでしょう

逆に得した気分になる人の方が多いと思います。

 

その時の気分、状況次第で値引きをしてしまうと

「商品を購入したら半額で売ってくれたよ」

と友人の一人が他の友人に言う可能性だってあります

 

「あの人の時は値引きして私には値引きしてくれない」

などの不信感をもたれてしまいます

 

初めから値引きなどを過剰にしてしまうとそれが当たり前に感じてお得感が薄れる恐れもあります。

大手のスィーツ販売店が値下げキャンペーンを過度にしたため商品の価値が薄れた時がありました。そして

「またキャンペーンで安く買えるからその時に買おう」

と商品が安くなった時にしかお客が買わなくなるというマイナス面もありました

 

 

 

あまり参考にはなりませんが私自身も飲食店をオープンした知人のところに食べに行ったことがあるのですがお金を払おうとすると

「今回はサービスだから」

と言ってお金を受け取らなかった時がありました。

こちらとしてはタダにしてもらう気持ちなど全くなく行ったわけですから逆に申し訳ない気分になったことがあります。

そういうことを考えると売る側としてはお客に喜んでもらいたいという気持ちがあっても購入する、サービスを利用する側が望んでいない場合もあるのです。

 

商売として売上をきちんと出さなければせっかく起業した意味がありません。

きちんと利益をだしてからでもお客様に還元しても遅くはありません。起業して1年間はほとんど売り上げがだせないこともあります。そんな状況だからこそ売れるときにきちんと売り上げをだしておかないと短期間で廃業に追い込まれることになります。

 

値引きをして商品の価値を初めから下げてはいけない

起業したての頃って不安がつきもの

「この値段で本当にいいのだろうか?」

「高すぎると買ってくれないんじゃないかな・・・」

とか考えてしまいますよね。

 

実際に私も商品に値段をつけるときに少し高いかな?と感じる値段にしたらやっぱり

友人には

「高すぎて買わない~」

と言われショックを受けたことがありました。

 

 

素人起業家
確かに私も購入する側だったら高いと感じたかもしれません。

 

 

ですが値段を下げてしまうと必死で長時間働くこととなり、自分自身が辛くなってくるのです。

材料費、商品を作る時間、梱包時間など考えるとやはり商品の値段を上げざるを得ないのが売る側になって分かったのです。

 

思った以上に商品を作ることは大変なのです。一人起業ですべて一人でこなさなければなりませんし、商品を一つ作るのにも企業とは違い時間もかかります

 

1.材料費を買い揃える

2.商品を作る

3.商品の梱包

4・ネット販売なら発送準備

5.商品を作ったあとの片付け

など他にもイベント出品をするならチラシ作成、お店に商品を置いてもらうなら営業など

やらなければいけないことはあとからあとからでてきます。

大きな会社のように効率化、不得意な部分は委託するということも資金がないと難しいのです。

 

素人起業家
商品の値段が少々高くても「この商品を食べたい」と思ってくれるお客様は必ずいます

私自身も決して安くはない値段で販売していましたがそれでも全く売れないということは

なかったので少し自信にもなりました

 

実際に世にあふれている商品で決して安くはないけど売れる物があります。

値段を見て買う、買わないを決めるときもありますが人には欲求があります。

「高くてもいい物が買いたい!高くても美味しい物が食べたい!」

という欲求があると値段が少々高くてもあまり気にしません

 

なので「安いから購入する」

という発想ではなく

 

「多少高くてもこの商品が購入したい」

 

と思われる商品作りをすることが大切なのです。

 

素人起業さん
いくら安くても買う気にならない商品は買わないのですよね

 

起業したては売り上げをあまり気にしないかもしれませんが早くからきちんと売り上げを出していくことを頭に入れておかなければいけません。

起業したからにはボランティアではないのできちんと売り上げを出すことが大事だということ忘れないでくださいね!

 

 

【こちらの記事も参考に】

売れる商品 とは?自分の価値観にとらわれすぎずにまずは作ってみよう

起業したい !でも起業資金がない ・・・諦める前にできる資金準備の方法

 

 

あわせて読みたい