求人誌 に何度も掲載される会社って問題あり!?

求人誌 に何度も掲載されている会社って何か問題があるのかな・・・て思ったことはありませんか?

仕事探しをするときに必要な求人誌

今ではネットで簡単にキーワードを打ち込めば条件を絞って仕事が探しやすくなりましたが

やはり見やすさなどを考えると手に取って見れる求人誌は無料だしまだまだ手放せません

 

仕事探しは結構時間がかかることもあります。

条件に合った仕事がなかったり、面接までいったけど不採用だったりと一ヵ月以内で仕事が決まればかなりラッキーです

なので求人誌をみる機会は1回だけではなく数回になってきます

 
週に一回でる無料の求人を5,6回みていくと

素人起業家
「あれ?この会社また求人でてる・・・」

ということがよくあります

 

 

 

求人誌 によく掲載される会社の特徴と離職者が多い理由

起業するために脱サラ

求人誌によく掲載される会社の特徴としてやはり時給が安かったり、体力的にきつめの仕事が多いです。

またノルマや営業成績で給与が決まってくる仕事も精神的に厳しくなることがあるので長く働き続けることができません

すぐに人が辞めてしまい求人誌にたびたび掲載される理由にはどんなことが考えられるでしょうか

    1. 求人誌に掲載されている条件と異なった
    2. 会社の雰囲気が最悪だった
    3. 上司が威圧的、仕事を教えてくれない
    4. 明るい将来を感じられない
    5. 給料が安い

 

 

1の求人誌に掲載されている仕事内容とは違うことまでやらされたりすることはよくある事です。

「 聞いていた仕事の内容とは違う この仕事は私の仕事ではありません」なんて言おうものなら

対応力がないとか、頭でっかちで使えないなどと言われたりいずらい立場になってしまいます

言えずに我慢して仕事量がどんどん増えて限界がきて辞めるパターンもあります。

 

2の会社の雰囲気が最悪だったは本当に入ってみないと分からないから怖いのです。

求人誌に

「みんな優しい人ばかりで困ったことがあったらいつでも相談しやすい環境です」

書かれていることがありますが騙されてはいけません((笑))

 

「怖い人ばかりで仕事は一切教えません 見て覚えてください」

なんてコメントを書いても誰も応募してきません(当たり前か…)

応募者を集めるためには会社をよくみせる必要があるので良いことを書く必要があります

 

ありふれたコメント、和気あいあいとした写真に惑わされてはいけません。

そこから職場で働く人の性格なんてほとんどわかるはずがないからです。

 

実際に写真があるとないのに比べると会社の雰囲気が伝わりやすいのも事実です。

ただ無機質に文字だけで会社の説明をされてもイメージがわきにくいからです。

 

素人起業家
写真はあったほうがいいのですがフリー素材だとどんな人が働いているか分かりずらくなるばかりか、実際にその人がいるもんだと勘違いしてしまう場合が・・・

 

 

実際に私も掲載された写真を見て

「歳も近そうだし、みんな笑顔で和やかそう」

という印象を受けて入社したことがあったのですが職場の殺伐とした雰囲気を見て

「だまされた自分が悪い」

と思ったものでした

 

3の上司が威圧的、仕事を教えてくれないは入社してみないと分からないから恐ろしいのです。

たとえ面接官がいい印象であったとしても面接官が実際に一緒に仕事をするとは限らないからです。

素人起業家
たいてい入社してみて

「こいつはやばそうだ」

とご対面するパターンなのです

 

 

仕事に慣れるまでは精神的にも辛いもの

新人で慣れない仕事でミスをした時にきちんとフォローしてくれるならいいのですが

「はぁ・・・」と明らかに嫌な態度をとる人もいるのです。

ただでさえ分からないことだらけで自信がないのに追い打ちをかけるかのようにプレッシャー、威圧的な態度をとる上司などがいると

「自分にはこの仕事は向いていない」と後ろ向きになってしまい、離職につながってしまうのです。

 

4の明るい将来を感じられないは働いている上司、先輩が疲れきっていて愚痴が多い職場です。

「自分もこうなるのかな」と明るい将来よりか不安な将来を考えてしまうのです。

長時間労働、残業の多さ、体力的な負担やノルマなど様々な要因で仕事を楽しむ余裕がない職場環境だと

定年まで長期的に働きたいと思えなくなってくるのです。

 

5の給料が安いはやはり致命的です。どんなに頑張っても給料が安いと働くモチベーションを維持することが困難になってきます。給料が安くてもやりがいがある場合もありますがやはり生活をしていくうえでお金はいくらあっても困るものでもありませんし、精神的にも余裕がうまれるものです。

始めはやりがいがあるから頑張れるでしょうが生活が苦しくなってくるとそうは言っていられなくなるのです

 

 

 

結論!やっぱり何度も求人誌に掲載される会社は注意は必要

求人誌に何度か掲載されている会社だからと言ってブラック企業と決めることはできません

採用した人が病気やケガなどの理由で短期間で辞めてしまう場合もありますし、会社側に非がなく辞めてしまった場合もあるからです。

ですがやはり何度も何度も求人誌に掲載される会社は離職率が高く定着率が低いなどの問題があります。

 

だって本当に良い会社ならよっぽどの理由がない限り、人が辞めたりしませんし、求人誌にのせなくても

人が集まってくるもんです。

 

実際に求人誌を何度か見て思ったことはやはり何度も何度も掲載されている会社はまず時給が低いです。

最低賃金すれすれで誰でもできる仕事内容が多く見られます。給料も安いのでモチベーションも上がらず

「他の仕事のほうが時給も高いし辞めよう」

と簡単に辞めてしまう可能性も高いからです

 

今は簡単にネットや無料求人誌でも仕事探しができますがやはり職場の環境は働いてみた人にしか分からないところです。

会社のホームページ、投稿サイトなどを見てどんな人が働いているのか、どんな会社か情報収集は大事です

 

会社のホームページなので会社のことを悪く言う人はいません。ですがホームページがあるだけでないよりかイメージはつかみやすくなります。が参考程度にするだけで鵜呑みにしては絶対にいけません。

働くスタッフが働きやすさをアピールするコメントなどが載ってることがありますがすでにその人は退職していない・・・ってこともありますからね(笑)

 

後は実際に働いている人、働いていた人から会社の雰囲気を聞けたら最高です。

 

私も実際に派遣で働いていた知人から

「あの会社は本当に良い人ばかりで働きやすかったよ」

と聞くことができました。

 

美味しいお店と一緒です。

 

「あの店は店員の対応が悪かった。」

「料理が美味しくなかった」

と参考になる生の情報はネットや雑誌よりも信ぴょう性が高いです

ぜひ仕事を探す場合は周りの人に聞いてみましょう

 

 

 

【こちらの記事も参考に】

求人広告は嘘も多い?!まだまだ多い適当に記載された求人内容

パート 派遣社員 がすぐ辞める!新人が辞める原因分かってますか?

 

 

 

あわせて読みたい