お金があってもケチな旦那 とお金があまりないけどケチじゃない旦那

お金があってもケチな旦那 の話

 

周りからみたら所得が高い旦那さんだと羨ましがられるところ

だけど家庭の中は他人がは分からないのです

 

友人のこぼすグチで分かることもあるのです

 

お金があってもケチな旦那 ってどうなんだろう

給料そこそこ高いのにケチな男性っているものです

それも自分の趣味には惜しむことなくお金をつぎ込むのに奥さんに渡すお金はけちるという最悪なパターン

 

奥さんのお金の管理方法を疑っているのか、それとも自分の小遣いにまわしたいだけなのか

分からないけど

「はい、今月の生活費ね」

と言って給料の何分の一か分からない金額のお金を渡す

その額12万円

 

 

家賃が○○円でしょ

食費が○○円でしょ

それから保険料、通信費…

いろんな固定費を引くと数千円残るか残らないか

 

「私の自由に使えるお金は?」

と恐る恐る聞いてみると

 

「えっ?節約頑張ってやりくりして余った分自由に使っていいよ」

と当たり前かのように言われる

どう考えたってマイナスになるかたとえ余ったとしても数千円あるかないかくらい

 

 

ある程度の支出を把握し計算している旦那はその分のお金しか渡してくれない

余った分は自分のお金だと言わんばかりに自分の懐にいれる

 

 

旦那の給料が高ければ少しは余裕のある生活ができるかと思っていたのに・・・

たとえ旦那様の給料が高くても余裕のある生活ができる保障などどこにもないのです

 

 

こちらのタイプと真逆な旦那は給料が少なくても決してけちらないタイプ

給料が入れば給料明細はオープンだし

給料が振り込まれるキャッシュカードはすべて妻にまかせっきり

 

ハッキリ言って給料は安月給だがお金の使い方には一切口出しすることはなく

お金がいくらあるのかもわからないくらいの無頓着

奥さん的にはもう少し給料が高いほうがいいと願望があっても

仕事も頑張っているし基本的には優しい旦那なので 多少不満はあっても ま、いいっかと思えるのです

 

 

お金があるないは関係ない夫婦の愛情

お金はあったほうがもちろんいいに決まっています

それは断言できます。

がお金の使い方を間違えると家族が不仲になるばかりか不幸せになります

 

お金を自分のだけに使ってばかりで奥さんはもちろん、友人や家族にお金をけちってばかりいると

そのしっぺ返しはいつかやってきます

奥さんが自分の力で稼げるようになり、自立できるようになった時

奥さんを大切にしなかった代償ははかりしれません。

 

気付かないうちに奥さんの愛情は冷めきっていき取り返しのつかないことになるのです。

熟年離婚は大切にされたという実感がない女性に多く見られます。

 

「そんな昔のことを根にもっていたのか」

と男性は驚くかもしれませんが女性は男性よりも根に持ちやすいかもしれません。

 

「子育てが大変だった時に子育てを一緒にしてくれなかった」

「私が辛い時寄り添ってくれなかった」

と過去の事を責められ戸惑う男性もいるかもしれませんが

女性にとってはとても大事な事で、キズは深いものなのです。

 

「生活費をこれだけ渡してるんだから十分だろう」

と思っているのはあなただけです。

実際に自分でやってみてください

数千円のお小遣いで服や外食ができるでしょうか?

 

早目に奥さんの大変さに気づき、心の中に芽生え始めたあなたへの不信感を摘み取っておきましょう

放置しているとその不信感の芽は大きくなり、手遅れになってしまいます

 

 

お金があってもケチな旦那 とお金があまりないけどケチじゃない旦那どっちがいいか

お金があってもケチな旦那でだとお金が自由に使えないばかりかストレスがたまるので

収入が少なくてもお金の使い方にいちいち口出ししてこない旦那様のほうが幸福度は高いはずです

 

ケチは度を越えると自分をも不幸にしてしまいます。

周りの人に悪影響を与えるケチはできる限り直したほうが自分のためでもありますよ

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい